ウォーターサーバーの種類

2013.12.2|ウォーターサーバーの基礎知識

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

サーバーには、通常タイプ、卓上タイプ、床置きタイプという、大きく分けて3種類があります。

通常タイプはさらに、ボタン式、カップ押し式、手動式に分かれており、ボタン式は指一本で簡単に操作できるプッシュ式ボタンで、お年寄りや力の弱い方でも、ボタンを軽く触るだけで手軽に冷温水を出すことができます。カップ押し式はカップ等でコックを押すと水が出る仕組みです。手動式は解除ボタンを指で押しながら、コップ等の容器でコックを押すことで水が出ます。2箇所の操作が同時に必要になるため、チャイルドロックにもなり、お子様のいるご家庭でも安心です。

http://www.metro.tokyo.jp/INET/CHOUSA/2013/03/DATA/60n3j200.pdf

また、最近の通常タイプはデザイン性の高いものがあり、インテリアとしても設置する事ができます。しかし、サーバーが重いため、ボトルのセットに手間がかかります。

卓上タイプはサーバーそのものが小さいので、その分ボトルも小さくなってしまいますが、設置する場所に困らない、見た目もスッキリ、水のボトル交換が楽という三拍子が揃っているので、女性やお年寄りの方にも使いやすいタイプとなっております。

http://wateroneway.net/entry-21

床置きタイプは比較的最近扱われるようになった新しいタイプです。水ボトルをサーバーの下に設置できるので、とても楽に設置ができます。機能としては便利でありますが、完全な電動であることから停電時には利用できなくなるため、災害時などには完全に機能を停止してしまうので、注意が必要です。

http://www.cosmowater.com/product/waterserver/smart.html