放射能不安によりウォーターサーバーの需要が高まる

2013.8.20|ウォーターサーバーの基礎知識

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

東日本大震災の発生後、水の安全性への関心が高まりました。
水道水では不安という人達が増え、家庭用ウォーターサーバーの利用が大幅に伸びてきました。

首都圏在住の20代〜50代の女性では、東日本大震災後に水の安全性を以前より意識するようになり、飲料水も震災後に変えたという方が非常に多いとトレンド総研の実施した調査結果で出ています。

ウォーターサーバーは、震災以降の申込みが激増し、一時は生産が追いつかないメーカーも出てきました。やはり震災後の放射能不安から安全性が高いウォーターサーバーへの注目が集まりました。安心して水が飲みたい人達にとって、ウォーターサーバーは1つの回答となったようです。

毎日飲む水だからこそ、これからも水の安全性に対する意識の高さからウォーターサーバーへの関心が続くでしょう。